京セラの年収が低い理由とその真相を解説

京セラ
目次

京セラの年収が低いと言われる理由とその背景

京セラは世界的に知られる大手電子部品メーカーであり、その技術力は高く評価されています。しかし、一方で「京セラの年収が低い」という声も少なくありません。本記事では、なぜそう言われるのか、その背後にある真実を探ります。

京セラは、情報機器、電子機器、自動車関連、太陽電池、セラミック、宝飾、医療用製品など、多岐にわたる分野で事業を展開しています。これらの事業は、社会の様々なニーズに対応するためのもので、それぞれが京セラの成長を支えています。その結果、京セラは安定した業績を上げ続けており、その事業の多様性と技術力が高い評価を受けています。

しかし、京セラの給与体系は、基本給と業績給から成り立っています。基本給は、社員の役職や年齢によって決まります。一方、業績給は、個人の業績や会社全体の業績によって変動します。これにより、社員一人ひとりの努力が給与に反映され、また会社全体が頑張れば全員が恩恵を受けるという、公平かつ努力を奨励する給与体系となっています。

この給与体系が「京セラの年収が低い」と言われる理由の一部である可能性があります。しかし、その真相は一体何なのでしょうか。本記事では、その詳細について深掘りしていきます。

  1. 京セラの給与体系とその特徴
  2. 年功序列と平均年齢が年収に与える影響
  3. 出世コースと年収の関係性
  4. 京セラの年収が民間企業の平均年収に対して高い理由

\ 不採用通知がスカウトに変わる新卒向けサービスの学生向け無料会員登録  /

京セラの会社概要

京セラ株式会社は、1959年に設立された日本の大手電子部品メーカーで、現在では多岐にわたる事業を展開しています。本社は京都府京都市伏見区に位置し、代表取締役社長は谷本秀夫氏が務めています。2023年3月31日現在のグループ従業員数は81,209名で、資本金は115,703百万円となっています。

京セラは、情報機器、電子機器、自動車関連、太陽電池、セラミック、宝飾(クレサンベール)、医療用製品(人工関節、デンタルインプラント等)など、多岐にわたる分野で事業を展開しています。これらの事業は、社会の様々なニーズに対応するためのもので、それぞれが京セラの成長を支えています。

通信事業では、スマートフォンや産業機器に使われる電子部品・半導体部品を提供しています。自動車事業では、自動運転に向けたカメラモジュールを提供し、操作性と安全性の向上に貢献しています。医療事業では、人工関節やデジタルインプラントなどを提供し、医療の進歩に寄与しています。また、環境事業では、太陽光電池・蓄電池・燃料電池などのクリーンエネルギーの開発を行っており、地球環境の保全にも取り組んでいます。

京セラの事業は、社会の様々な分野でその技術力を活かし、人々の生活を支え、社会の発展に貢献しています。その結果、京セラは安定した業績を上げ続けており、その事業の多様性と技術力が高い評価を受けています。

京セラの基本的な給与体系

京セラの給与体系は、基本給と業績給から成り立っています。基本給は、社員の役職や年齢によって決まります。一方、業績給は、個人の業績や会社全体の業績によって変動します。これにより、社員一人ひとりの努力が給与に反映され、また会社全体が頑張れば全員が恩恵を受けるという、公平かつ努力を奨励する給与体系となっています。

また、京セラでは半期毎に分け(6 月、12 月)、目標に対して達成結果やプロセスを上司との面談で報告します。上司からのフィードバックがあるので、良い点と悪い点を明確に確認できるでしょう。目標の達成状況を踏まえ上司による評価が高ければ、その後のボーナスに反映され、年収も高くなります。

役職に就くと課長(副参事)で 756 万円、部長(参事)で 900 万円ほどの平均年収へ大幅にアップします。しかし、課長(副参事)や部長(参事)を目指すには、社内で行われる昇格審査に合格しなければなりません。昇格できるのは全体の 15%ほどと言われており、ハードルは高いようです。管理職を目指すのであれば、20〜30 代のうちから素地を固める必要があるでしょう。

\ スカウト型の就活サイト /

京セラの年収は本当に低い?:民間企業の平均年収の比較

京セラの平均年収は、公開されている有価証券報告書によると684万円となっています。一方、令和2年分民間給与実態統計調査では、民間企業における正規雇用者の平均年収は約496万円と報告されています。これらのデータを比較すると、京セラの平均年収は民間企業の平均を200万円ほど上回っています。このことから、京セラは高年収企業と言えるでしょう。また、年代別に見ると、20代で480万円、30代で600〜611万円、40代で929万円となっており、50代は1,000万円を超える平均年収が予想されます。

京セラの年収が民間企業の平均年収に対して高い理由:業績の安定性と年功序列

京セラの年収が高い理由の一つは、業績の安定性にあります。京セラは多角化に成功した企業として知られており、その事業領域は半導体から太陽電池、キッチン用品まで幅広い範囲に及びます。これにより、一部の事業が不振でも他の事業で補うことができ、全体としての業績の安定性を保つことが可能です。また、京セラは年功序列型の給与体系を採用しています。これは、社員の年齢や勤続年数に応じて給与が上がるというもので、長く勤めれば勤めるほど年収が高くなるというメリットがあります。

手当が充実している京セラの年収

京セラの年収が高い理由の一つとして、手当が充実している点が挙げられます。具体的には、都市勤務者住宅補助手当、職務手当、在宅勤務手当、家族支援手当など、多岐にわたる手当が存在します。これらの手当は、社員の生活を支え、働きやすい環境を提供するためのものです。

特に注目すべきは、京セラの勤務地が国内外に広がっていることから生じる手当です。都市勤務者住宅補助手当を始めとした、海外出張手当や寒冷地手当など、勤務地に応じた手当が支給されます。これらの手当は、社員がどの地域で働くにせよ、その生活を支えるためのものです。例えば、一定期間までは家賃補助も出るため、新たな勤務地への移動もスムーズに行えます。

これらの手当は、基本給に加えて支給されるため、年収を大きく押し上げる要素となっています。特に、家族支援手当は子どもの数に応じて増額されるため、家庭を持つ社員にとっては大きなメリットとなります。

しかし、これらの手当が充実している一方で、子育て世代への福利厚生はまだ改善の余地があるとの声もあります。これは、京セラがこれからも社員の生活をより支えるために、さらなる福利厚生の充実を図っていくべきだという意味でも捉えられます。

京セラの年収が低く見える理由:平均年齢の影響

京セラの年収が一見低く見える理由の一つに、平均年齢の影響があります。京セラの平均年齢は40.5歳と、一般的な企業と比較してやや高めです。これは、京セラが年功序列による評価制度を採用しているため、勤続年数の長いベテラン社員が平均年収を大きく引き上げています。

しかし、口コミサイトを利用する人の多くが転職希望者で、その平均年齢は28歳となります。この年齢層は、まだ給与が上がりきっていないため、相対的に平均年収が低く見えてしまうと言えます。また、京セラは新卒採用を重視しているため、若手社員の比率が高いことも平均年収を下げる要因となっています。

さらに、京セラの年代別平均年収を見てみると、20代で480万円、30代で600〜611万円、40代で929万円となっています。これらの数字からも、年齢とともに年収が増加する傾向が見て取れます。したがって、京セラの年収が低く見える理由は、平均年齢の影響と言えるでしょう。

しかし、これはあくまで平均年収に影響を与える一因であり、個々の社員の給与はその能力や業績、役職に応じて大きく変動します。そのため、京セラの年収が低く見えると感じた場合でも、自身のスキルや経験を活かすことで十分に高い給与を得ることが可能です。

年収が低い?京セラで働きたい方が知っておくべきポイント

京セラ

京セラの総合職の募集について

京セラでは、「総合職」という一般的な括りでの募集は行っていません。それぞれの職種や役職に応じた募集が行われています。具体的には、技術コースや営業管理コースなど、あなたの志望に合った区分に応募する形となります。これは、京セラが多岐にわたる事業を展開しており、それぞれの事業に対応した専門性を持った人材を求めているからです。そのため、自分の興味や専門性に合わせて適切な職種を選ぶことが求められます。

高卒でも京セラに転職できるか?

京セラへの転職は、高卒者でも可能です。京セラは、社員一人ひとりの能力を重視しており、学歴だけでなく、その人が持っている技術や経験を評価します。そのため、高卒者でも自分のスキルや経験を活かせる職種があれば、転職のチャンスは十分にあります。ただし、それには自分のスキルを高め、経験を積むことが必要です。また、京セラは社員教育にも力を入れており、入社後も多くの研修や教育プログラムが用意されています。これにより、社員は常に自己成長を続けることができます。

\ 不採用通知がスカウトに変わる新卒向けサービスの学生向け無料会員登録  /

京セラの年収と大卒・院卒の違い

京セラの新卒の初任給は、学部卒が22万1000円、修士了が24万5000円、博士卒が26万8500円となっています。これを厚生労働省が公表した全国平均の初任給と比較すると、学部卒が21万2000円、修士了が23万8900円となっており、京セラの初任給は全国平均と大差がないことがわかります。しかし、新卒の初年度年収は414〜501万円となっており、2年目以降は年功序列で基本給が月1万円ほど昇給し、基本給に合わせて賞与もアップします。これにより、勤続年数が長くなるほど、社員の給料に還元されると言えます。

京セラの就職は勝ち組?年収から見る評価

京セラの平均年収は684万円で、一方で民間企業における正規雇用者の平均年収は約496万円と報告されています。これらのデータを比較すると、京セラの平均年収は民間企業の平均を200万円ほど上回っています。このことから、京セラは高年収企業と言えるでしょう。また、新卒の初年度年収は、平均より60万円ほど高い水準にあることが予想されます。

京セラの出世コースと年収の関係

京セラでは、出世コースと年収は密接に関連しています。出世することで、より高い責任を持つ役職に就くことが可能となり、それに伴って年収も上昇します。具体的には、主任で430~650万円、係長で600~800万円、課長で800~1,000万円、部長で900~1,200万円となっています。これは、京セラが社員の責任と成果を評価し、それに見合った報酬を提供するという方針を持っているからです。

京セラの離職率と年収の関係

京セラの離職率と年収には、一定の関連性があります。一般的に、年収が高い企業ほど離職率は低く、年収が低い企業ほど離職率は高いとされています。これは、年収が高いことが働きがいや満足感につながり、社員の定着率を高めるからです。しかし、京セラでは、年収だけでなく、社員の働きやすさや成長機会、福利厚生なども重視しています。これらが組み合わさることで、社員が長く働き続ける環境が整っています。

京セラのキャリアパスの提供

京セラは、社員一人ひとりが自身のキャリアを描けるよう、様々なキャリアパスを提供しています。これにより、社員は自身の能力を最大限に発揮し、給与アップを目指すことができます。具体的には、社員のスキルや経験、興味に合わせて、多岐にわたる業務領域から選択することが可能です。

また、京セラでは、社員のキャリア形成を支援するための教育制度も充実しています。新入社員研修や階層別研修、専門スキル研修など、社員の成長をバックアップする多種多様な研修プログラムが用意されています。これらの研修を通じて、社員は自身のスキルを磨き、キャリアアップを実現することができます。

さらに、京セラは社員のキャリア形成を長期的な視点で見据えています。そのため、社員が自身のキャリアを自由に描けるような環境を提供しています。これにより、社員は自身の興味や適性に合わせて、自由にキャリアパスを選択し、自己実現を追求することが可能となっています。

このように、京セラは社員一人ひとりが自身のキャリアを自由に描けるような環境を提供しており、これが京セラの魅力の一つとなっています。

\ スカウト型の就活サイト /

就職活動中に知っておきたい京セラの給与体系

京セラの給与体系は、社員の能力や業績を重視しています。半期ごとに目標に対する達成結果やプロセスを上司との面談で報告し、その結果が賞与額に反映されます。これにより、社員は自身の業績を直接給与に反映させることが可能となり、自己成長とともに給与も上昇します。

また、京セラでは昇格に社内試験の合格が必要となります。特に管理職に昇格すると年収が大幅に上昇しますが、昇格できるのは全体の15%程度とされており、そのハードルは高いです。しかし、このような厳しい評価体系は、社員一人ひとりが自身のキャリアを自己主導で描くことを可能にしています。

就職活動を行う際には、このような京セラの給与体系を理解した上で、自身の能力や目指すキャリアパスに合った企業かどうかを判断することが重要です。また、京セラの給与体系は、社員の能力や業績を評価することで、社員が自身の成長とともに給与を上昇させることを可能にしています。これは、社員が自己成長を追求し、自身のキャリアを自己主導で描くことを促しています。

京セラの給与体系とその将来性

京セラの給与体系は、社員の生活安定を重視していますが、一方で、社員のモチベーション向上やキャリア形成にも配慮しています。これは、京セラが社員の成長とともに企業も成長させようという経営理念の表れです。このような給与体系は、社員と企業が共に成長するための基盤となり、その将来性は高いと言えるでしょう。

京セラについての「やめとけ」の声と年収

「やめとけ」という声がある一方で、京セラの年収は全国平均を上回る水準にあります。また、新卒の初年度年収は平均よりも高く、2年目以降は年功序列で基本給が月1万円ほど昇給します。これにより、勤続年数が長くなるほど、社員の給料に還元されると言えます。これらの事実を考慮すると、「やめとけ」という声と京セラの年収には一定のギャップが存在すると言えます。

京セラが潰れる?年収と企業の安定性

京セラの平均年収は684万円と、民間企業の平均年収496万円を大きく上回っています。また、新卒の初年度年収は平均よりも高く、2年目以降は年功序列で基本給が月1万円ほど昇給します。これらの事実から、京セラは安定した経営基盤を持つ企業であると言えます。そのため、「京セラが潰れる」という懸念は少ないと考えられます。

京セラの内定がすごい?年収と採用の関係

京セラの内定がすごいとされる理由は、その年収と採用の関係にあります。京セラの新卒の初任給は全国平均と大差がないものの、新卒の初年度年収は平均よりも高く、2年目以降は年功序列で基本給が月1万円ほど昇給します。これにより、勤続年数が長くなるほど、社員の給料に還元されると言えます。これらの事実から、京セラの内定は高い年収を約束するものと言え、そのため「すごい」と評価されることが理解できます。

また、京セラの採用は特定の学歴フィルターに縛られることなく、多様なバックグラウンドを持つ人材を求めています。そのため、京セラの内定を得ることは、自身の能力が認められた証とも言えます。これらの要素が組み合わさることで、京セラの内定は「すごい」と評価されるのです。

総括

  1. 京セラは世界的に知られる大手電子部品メーカーで、多岐にわたる事業を展開
  2. 京セラの給与体系は基本給と業績給から成り立ち、社員の努力が給与に反映される
  3. 目標の達成状況を踏まえ上司による評価が高ければ、その後のボーナスに反映され、年収も高くなる
  4. 京セラの平均年収は有価証券報告書によると684万円で、民間企業の平均年収496万円を上回る
  5. 京セラの年収が高い理由の一つは、業績の安定性と年功序列
  6. 京セラの手当が充実しており、都市勤務者住宅補助手当、職務手当、在宅勤務手当、家族支援手当などが存在
  7. 京セラの年収が一見低く見える理由の一つに、平均年齢の影響がある
  8. 京セラでは、「総合職」という一般的な括りでの募集は行っておらず、それぞれの職種や役職に応じた募集が行われている
  9. 京セラへの転職は、高卒者でも可能で、社員の能力を重視し、学歴だけでなく、その人が持っている技術や経験を評価
  10. 京セラの新卒の初任給は、学部卒が22万1000円、修士了が24万5000円、博士卒が26万8500円
  11. 京セラでは、出世コースと年収は密接に関連しており、出世することで、より高い責任を持つ役職に就くことが可能となり、それに伴って年収も上昇
  12. 京セラは、社員一人ひとりが自身のキャリアを描けるよう、様々なキャリアパスを提供している

\ スカウト型の就活サイト /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次