チャイルドライフスペシャリスト年収:専門性と経験が反映

医療的ケア
目次

チャイルドライフスペシャリスト年収とその背景

この記事では、その専門性や経験がどのようにチャイルドライフスペシャリストの年収に反映されるのか、そしてその背景にある要因について詳しく解説します。また、CLSの資格取得の難易度や、そのための留学に必要な費用、そして日本におけるCLSの現状と求人情報についても触れていきます。これらの情報を通じて、CLSという職業の魅力と課題を理解し、その価値を再評価する機会としていただければ幸いです。

  1. チャイルドライフスペシャリストの年収は専門性や経験により大きく変動し、初任給は平均で約300万円程度である
  2. チャイルドライフスペシャリストの資格取得のための留学はその専門性を深めるための重要なステップであり、その費用は一年間で約200万円~400万円程度が必要である
  3. チャイルドライフスペシャリストの資格は5年ごとに更新が必要であり、そのためには継続教育単位の取得と実務経験が求められる
  4. チャイルドライフスペシャリストの求人はその専門性から一部の医療機関でしか見つけることができず、その数はまだ十分とは言えない

\ 第二新卒・既卒・新卒大学生

チャイルドライフスペシャリストとは

チャイルドライフスペシャリスト(CLS)は、子どもやその家族が医療環境における精神的負担を軽減し、自主的に医療を受けられるように心理社会的な支援を行う専門職です。具体的には、子どもが経験する医療検査や医療処置、病気の不安や痛み、医療機関にある見慣れない機器などに対する混乱や不安を和らげ、安心して生活できる環境を提供します。また、子どもたちの医療や心理社会的なニーズを世間に伝える役割も果たします。

この職業に就くためには、北米の大学・大学院での学習が必要で、資格取得後も5年ごとの更新が求められます。日本ではまだ数が少ない職業で、日本では49名が35施設で活動しております(令和4年度5月)。しかし、その重要性は認識されつつあり、子どもが子どもらしくいることの重要さや、子どもの遊びがもたらす精神面の効果への理解が進むことで、CLSの導入が増えていくことが期待されています。

チャイルドライフスペシャリストの資格取得とその難易度

チャイルドライフスペシャリストになるためには、一定の教育と実習経験が必要となります。具体的には、子どもの発達や心理学、医療知識などを学ぶ4年制の大学教育と、その後の300時間以上の実習が求められます。これらを経て初めて資格試験の受験資格を得られます。その一方で、子どもたちとその家族に対する深い理解と共感力、困難な状況での対応力など、人間性も重要な要素となります。

ただ、日本にはチャイルドライフ専門課程を有する教育機関が存在しないため、アメリカ合衆国で学ぶ必要があります。そして、資格取得後も5年ごとの更新が必要となります。これは、質の高いケアを提供し続けるための制度で、5年間に50時間以上のチャイルドライフに関する学会や講習会、勉強会、大学・大学院の講義などに参加し、それらの記録を提出することが求められます。

また、資格取得は難関であり、その難易度は高いとされています。具体的な試験内容としては、チャイルドライフに関連する知識、理解、そして実践的応用能力を客観的に審査する150問の選択肢方式の試験を受けることになります。

資格取得者の数は、2007年には全国で13名でしたが、日本では49名が35施設で活動しております(令和4年度5月)。この情報からも、チャイルドライフスペシャリストの資格取得は、一定の難易度とコミットメントを必要とするものであることがわかります。

しかし、その一方で、不安な闘病生活を送る子どもやその家族に寄り添い支えることで、絆を深め、心からの感謝や信頼を得ることができるというやりがいもあります。時に過酷な場面に立ち会わなければならないこともあるかもしれませんが、それは人生を支える責任ある仕事だと言えるでしょう。

チャイルドライフスペシャリストの年収事情とその要因

チャイルドライフスペシャリストの年収は、その専門性や経験により大きく変動します。初任給は平均で約300万円程度で、経験を積むことで年収は上昇します。ただし、この年収は地域や勤務先の規模、さらには専門性の高さによっても影響を受けます。

具体的には、求人情報によれば、月給は約23万円からとなっており、これを基に年収を計算すると約276万円からとなります。しかし、これはあくまで目安であり、実際の年収はその人の経験やスキル、勤務地域、勤務形態などにより変動します。

チャイルドライフスペシャリストの資格更新とその必要性

チャイルドライフスペシャリストの資格は、5年ごとに更新が必要です。更新のためには、継続教育単位の取得と実務経験が求められます。これは、専門性を保つための重要なプロセスであり、資格を維持するためには必須のステップとなります。

\ 不採用通知がスカウトに変わる新卒向けサービスの学生向け無料会員登録  /

チャイルドライフスペシャリストの求人情報と現状

チャイルドライフスペシャリストの求人は、その専門性から一部の医療機関でしか見つけることができません。具体的には、こども病院や小児医療センター、母子保健総合医療センター、そして大学病院などが主な勤務先となります。しかし、この職種の専門性と資格取得の難易度から、求人数自体は限られています。

また、地域によっては求人そのものが少ない場合もあります。これは、チャイルドライフスペシャリストがまだ日本に36人程度しか存在しないという現状によるものです。そのため、この職種に興味がある方は、求人情報をチェックするだけでなく、自身で積極的に情報を集め、可能性を広げる必要があります。

さらに、チャイルドライフスペシャリストの資格を維持するためには、5年ごとの更新が必要となります。これには、5年間に50時間以上のチャイルドライフに関する学会や講習会、勉強会、大学・大学院の講義などに参加し、それらの記録を提出することが求められます。このような継続的な教育と資格更新の義務が、チャイルドライフスペシャリストの専門性を保つ一方で、求人数が限られている一因ともなっています。

チャイルドライフスペシャリストの仕事のポイントとやりがい

チャイルドライフスペシャリストの仕事は、医療環境でのストレスを軽減し、子どもたちが正常な成長を続けられるよう支援することです。そのため、子どもたちの心のケアだけでなく、家族へのサポートも重要な役割となります。このような役割を果たす中で、子どもたちやその家族からの信頼や感謝の言葉が、やりがいとなる瞬間です。

しかし、この仕事には挑戦もあります。チャイルドライフスペシャリストは、医療チームの中で他のスタッフとの関係を築くことが求められます。その視点は、医師や看護師などの観点とは異なる場合があり、その違いを理解し、双方の視点を尊重しながら最善のケアを提供することが求められます。また、遊びを通じたケアが重要な役割を果たすため、その専門性が誤解されることもあります。しかし、これらの挑戦を乗り越えることで、子どもたちとその家族からの深い信頼と感謝を得ることができます。

さらに、チャイルドライフスペシャリストは、子どもやその家族が背負っている精神的負担を減らし、医療に臨めるように心理社会的な支援を行う専門職です。子どもが主体的に医療を受けられるように支援をし、子どもたちの医療や心理社会的なニーズを世間に伝える役割も果たす仕事です。このような役割を果たす中で、子どもたちやその家族からの信頼や感謝の言葉が、やりがいとなる瞬間です。

チャイルドライフスペシャリスト年収を得るために知っておきたいこと

チャイルドライフスペシャリストの留学とその費用

チャイルドライフスペシャリストの資格取得のための留学は、その専門性を深めるための重要なステップとなります。特に、アメリカやカナダでは、この分野がより発展しており、多くの大学で専門教育が提供されています。しかし、その道のりは決して容易ではありません。留学のためには、一年間で約200万円~400万円程度の費用が必要となります。さらに、日本にはチャイルドライフ専門課程を有する教育機関がないため、資格取得のためには北米の大学への留学が必須となります。留学先としては、AZ University, Erikson Institute, Towson University, University of La Verneなどが挙げられます。これらの大学では、チャイルドライフに関連する知識、理解、そして実践的応用能力を深めることができます。

チャイルドライフスペシャリストの教育機関とその現状

日本国内でチャイルドライフスペシャリストを目指すための教育機関は、現状ではまだ限られています。一部の大学で専門的な教育が行われていますが、その数はまだ十分とは言えません。さらに、日本国内にはチャイルドライフ専門課程を有する教育機関が存在しないため、資格取得を目指す者はアメリカ合衆国での学習が必要となります。しかし、この分野の重要性が認識されるにつれて、今後は教育機関も増えていくことが期待されます。

チャイルドライフスペシャリストの就職場所とその選択肢

チャイルドライフスペシャリストの就職場所は、主に大学病院や一部の総合病院、子ども専門の医療機関などです。また、こども病院や小児医療センター、母子保健総合医療センターでも活躍の場を見つけています。その専門性を活かして、学校や地域の子ども支援施設、さらには企業の福利厚生部門など、様々な場所で活躍することも可能です。

\ スカウト型の就活サイト /

チャイルドライフスペシャリストの将来性とその見込み

チャイルドライフスペシャリストの将来性は、子どもたちとその家族が医療環境で直面する精神的負担を軽減するという重要な役割が認識されるにつれて、非常に高まっています。この専門職は、子どもたちが自己主導で医療に臨めるよう心理的にサポートし、子どもたちの医療や心理社会的なニーズを社会に伝える役割を果たします。その専門性と経験は、子どもたちだけでなくその家族からも高く評価され、その存在価値は今後も増していくことが予想されます。ただし、資格を維持するためには5年ごとの更新が必要であり、そのためには専門分野の継続教育が求められます。また、日本での就職を希望するチャイルドライフスペシャリストや学生に対しては、チャイルドライフスペシャリスト協会が就職情報を提供しています。

チャイルドライフスペシャリストの厚生労働省による評価とその意義

厚生労働省による評価とその意義についてのチャイルドライフスペシャリストの評価は、子どもたちが医療環境でのストレスを軽減し、正常な成長を続けられるよう支援するという役割が、子どもたちのQOL(Quality of Life)向上に大きく寄与すると認識されています。この認識は、アメリカの医療現場での研究により、CLSの介入が入院期間の短縮や鎮痛剤の使用量の抑制といった具体的な効果をもたらすことが証明されています。これらの事実は、社会全体の子どもたちへの支援の一環として、CLSの存在が非常に重要な意義を持つことを示しています。

チャイルドライフスペシャリスト年収について総括

  1. チャイルドライフスペシャリストの年収は専門性や経験により大きく変動
  2. 初任給は平均で約 300 万円程度で、経験を積むことで年収は上昇
  3. 年収は地域や勤務先の規模、さらには専門性の高さによっても影響を受ける
  4. 求人情報によれば、月給は約 23 万円からとなっており、これを基に年収を計算すると約 276 万円からとなる
  5. チャイルドライフスペシャリストの資格は、5 年ごとに更新が必要で、継続教育単位の取得と実務経験が求められる
  6. チャイルドライフスペシャリストの求人は、その専門性から一部の医療機関でしか見つけることができない
  7. こども病院や小児医療センター、母子保健総合医療センター、そして大学病院などが主な勤務先となる
  8. チャイルドライフスペシャリストの資格を維持するためには、5 年ごとの更新が必要で、これには、5 年間に 50 時間以上のチャイルドライフに関する学会や講習会、勉強会、大学・大学院の講義などに参加し、それらの記録を提出することが求められる
  9. チャイルドライフスペシャリストの資格取得のための留学は、その専門性を深めるための重要なステップで、一年間で約 200 万円~400 万円程度の費用が必要
  10. チャイルドライフスペシャリストの就職場所は、主に大学病院や一部の総合病院、子ども専門の医療機関などで、その専門性を活かして、学校や地域の子ども支援施設、さらには企業の福利厚生部門など、様々な場所で活躍することも可能
  11. チャイルドライフスペシャリストの将来性は、子どもたちとその家族が医療環境で直面する精神的負担を軽減するという重要な役割が認識されるにつれて、非常に高まっている
  12. 厚生労働省による評価とその意義についてのチャイルドライフスペシャリストの評価は、子どもたちが医療環境でのストレスを軽減し、正常な成長を続けられるよう支援するという役割が、子どもたちの QOL(Quality of Life)向上に大きく寄与すると認識されている

\ スカウト型の就活サイト /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次