都庁職員のリアルな年収:役職と年齢別データ解説

都庁
目次

都庁の年収リアルデータを解説

この記事では、都庁職員の年収について深く掘り下げ、その実態を明らかにします。都庁職員の年収は、その人の職務の級と号級によって決まり、毎年確実に昇給します。部長クラスになると、年収は最低でも800万円以上となります。しかし、課長級からは残業手当がつかないため、どれだけ残業しても手取り額は増えません。また、都庁職員の年収については、一部の高給取りが平均を引き上げている可能性もあります。この記事では、都庁職員の年収の現実を詳細に解説し、都庁職員の生活水準や働き方とのバランスについても考察します。都庁の年収リアルデータを具体例で見る成長パターンと実情についても触れています。

  1. 都庁職員の年収の実際のデータとその役職や年齢による変動
  2. 都庁職員の年収が全国の地方公務員の平均年収よりも高い理由
  3. 都庁職員の年収が高い要因として、特別手当や地域手当の影響
  4. 都庁職員の生活水準と東京の高物価との関係性

\ 第二新卒・既卒・新卒大学生

都庁職員の年収モデル

都庁職員の年収モデルを見てみましょう。例えば、25歳の係員の場合、年収は約3,678,000円、35歳の課長代理の場合は約6,243,000円、45歳の課長の場合は約10,238,000円、そして50歳の部長の場合は約13,036,000円となっています。これらの数字は、順調に出世していった場合のモデルです。

都庁職員のリアルな年収

一方で、実際の都庁職員の年収は、様々な年代の人にヒアリングした結果から見ても、モデルとは少し違ってきます。30歳の課長代理の年収は約570万円、40歳の課長代理の年収は約700万円、53歳の課長代理の年収は約750万円、37歳の課長の年収は800万円となっています。これらの数字は、残業代が含まれています。

都庁の平均年収と全国比較

都庁職員の平均年収は、総務省の「給与・定員等の調査結果等」によると7,237,940円となっています。これは平均給与月額453,595円の12ヶ月分と期末手当や勤勉手当などの特別給、いわゆるボーナスを合算した値です。全国の地方公務員の平均年収は6,555,297円なので、都庁の平均年収はそれより約70万円ほど高い水準となっています。ちなみに、全国ではトップの数字です。

都庁の年収が高い理由:特別手当と地域手当の影響

東京都庁職員の平均年収は710万円と、全国の労働者の平均年収440万円と比較すると高いと言えます。しかし、この年収の高さには特別手当や地域手当といった要素が大きく影響しています。

特に、東京都庁職員の年収が高い要因としては、ボーナス等の手当が手厚いことが挙げられます。地域手当の全国平均は12,000円ですが、東京の地域手当は67,154円になります。東京は物価が高いため、地域手当はこのように高額になり、その結果年収も高くなるというわけです。

しかし、これはあくまで平均であり、役職によっては年収が1000万円を超える職員もいれば、600万円前後の職員もいます。特別手当や役職による年収格差が、都庁職員の高年収を支えています。

東京都庁職員の高年収の背後:特別手当と役職による年収格差の影響

都庁職員の年収は平均710万円で、全国の労働者の平均年収440万円と比較すると高いと言えます。しかし、これはあくまで平均であり、役職によっては年収が1000万円を超える職員もいれば、600万円前後の職員もいます。

特別手当や役職による年収格差が、都庁職員の高年収を支えています。特に物価の高い地域ほど高くなる地域手当が高額です。地域手当の全国平均は12,000円ですが、東京の地域手当は67,154円になります。東京は物価が高いため、地域手当はこのように高額になり、その結果年収も高くなるというわけです。

また、都庁の平均年齢は40.9歳で、給与は人事委員会から発表されています。人事委員会は、民主的で公正な人事制度の運営のために、都道府県及び政令指定都市に置かれる組織です。地方公務員法によって設置が義務付けられています。公務員は国民全体の奉仕者としての役割を担わなければならないので、政治状況によって身分が脅かされることがあってはなりません。人事委員会には、議会や知事とは独立した機関として、能率的・効率的に人事制度を運営していく役割があります。

\ 第二新卒・既卒・新卒大学生

都庁職員の年収の現実

ただし、都庁職員の年収については、一部の高給取りが平均を引き上げている可能性もあります。実際には、よほど激務の部署に配属されない限り、年収400万円を超えることは稀です。また、転職組で前職のある方は、前職の年数が加算されますので、初任給といっても新卒大学生とはまったく変わってきます。

東京都庁職員の生活水準:年収と東京の高物価の狭間で

東京都庁職員の初任給は22万円で、手取りは19万5千円です。しかし、東京の高物価と家賃の影響で、給料が多いからといって生活が豊かとは限りません。例えば、新卒の公務員の生活費を見てみると、家賃や食費、交際費などを合計すると、手取り額とほぼ同額の195,000円が必要となります。これは、都庁職員の生活水準が年収と物価のバランスに大きく影響されていることを示しています。

都庁の年収リアルデータを具体例で見る成長パターンと実情

東京都庁の新卒初任給と年収の成長パターン

東京都庁の新卒初任給は225,480円で、年齢とともに順調に昇給する。例えば、23歳で約350万円、27歳で約530万円、30歳で課長クラスになれば約650万円となる。ただし、これらの金額は残業の多寡により大きく変わる可能性がある。また、都庁では試験によって昇格が決まる実力主義の制度を採用しているため、個々の職員の能力によって年収が大きく変動する可能性もある。

\ 不採用通知がスカウトに変わる新卒向けサービスの学生向け無料会員登録  /

都庁職員のリアルな年収:30歳、40歳、50歳の例

都庁職員の年収は、年齢や役職によって大きく変動します。ここでは、30歳、40歳、50歳の都庁職員のリアルな年収について具体的に見ていきましょう。

まず、30歳の都庁職員の場合、役職が課長代理であれば年収は約570万円となります。これには残業代も含まれています。一方、主任や主事の役職であれば、年収はそれぞれ約500万円、450万円となります。これらの数字はあくまで一例であり、部署や業務内容によっても年収は変動します。

次に、40歳の都庁職員の場合、課長代理の役職であれば年収は約700万円となります。これにも残業代が含まれています。また、課長の役職に昇進していれば、年収は約800万円となります。

そして、50歳の都庁職員の場合、部長の役職であれば年収は約1,300万円となります。これは、例月給与、期末手当、勤勉手当を合計した金額です。

これらの数字からもわかるように、都庁職員の年収は年齢とともに順調に上昇していきます。ただし、これらはあくまで一例であり、実際の年収は役職や業務内容、勤務成績などによって変動します。また、都庁職員の給料は役職により大きく異なるため、平均年収だけを見るのではなく、全体像を把握する必要があります。

都庁職員の年収と昇給の実情

都庁職員の年収は、その人の職務の級と号級によって決まります。職務の級は、1級が主事級、2級が主任級、3級が課長代理級、4級が課長級、5級が部長級となります。この職務の級は、昇進試験を受かることによって上がっていきます。一方、号級は、1年間の働きぶりにより上がっていきます。都庁では、評価によって0号~6号まで昇給幅が変わってきます。大体4号昇給で5000円程度の上げになります。普通に働いている限り、基本的に4号昇給します。組織改善をしたり困難部署で従事など、特に成果を上げたと認められた場合は5号・6号昇給します。

都庁職員の年収は毎年確実に昇給します。すごく大雑把にいうと、ボーナスも含め、年収が額面で約20万円上がります(勤務成績等により多少変化します。)。例えば、初年度に比べて20万円×4回の昇給と、残業代が100万円加算され、350万円から530万円にアップした感じです。

\ スカウト型の就活サイト /

都庁の年収1000万超え:部長クラスの実情

部長クラスになると、年収は最低でも800万円以上となります。最短で主任試験・管理職試験を合格すると、35歳で課長になれますので、その年代としては極めて高収入になります。しかし、課長級からは残業手当がつかないため、どれだけ残業しても手取り額は増えません。都庁本庁には、40~50歳程度の課長が多く在籍していますが、1000万~1100万程度の年収の方が多いです。ちなみに、年齢の上昇と共に昇給幅が少なくなるため、定年間際になってもそこから大きく増えることはありません。また、出先機関の課長と本庁の課長を比べると、両者の間では手当金が異なるため、本庁の課長の方が収入が若干高くなります。

部長以上の年収は、直接聞くのがあまりに憚れるため、具体的なデータは持ち合わせていませんが、人事委員会が公表しているデータで間違いはないと思います。なお、出世レースに勝ち残り、局長にまで出世した場合、1800万~2000万程度の年収になります。公務員としては破格でしょう。局長級まで辿り着ける職員は同期の中でも一握りと言われています。

都庁職員の年収と2chの評価:リアルな声とは

インターネット上の掲示板である2chでは、都庁職員の年収について様々な意見が交わされています。一部のユーザーは都庁職員の年収が高いと評価していますが、他のユーザーからはその年収に対する批判的な意見も見られます。例えば、都庁職員の年収は高いと思うユーザーからは、「都庁職員の平均年収は約710万円で、全国の労働者の平均年収が約440万円程度と比較すると、間違いなく高収入だ」という意見が見られます。一方で、都庁職員の年収は高すぎると思うユーザーからは、「都庁職員の出身大学の学生が、通常の就職活動を経て普通に民間企業に就職したとすると、都庁の平均年収とあまり変わらないのではないか?むしろもっと貰える企業に入れるのではないか?」という意見が見られます。これらの意見は、都庁職員の年収に対する一般の人々の評価が分かれていることを示しています。

都庁をやめるべき?年収と働き方のバランス

都庁を退職するかどうかは、個々の職員の価値観や生活状況によるところが大きいです。しかし、年収と働き方のバランスを考えると、都庁を退職することを選択する人も少なくありません。

都庁の職員の平均年収は約710万円(平均年齢約41歳)で、全国の労働者の平均年収が約440万円程度という事実を踏まえると、間違いなく高収入だといえます。しかし、都庁の職員は大多数が高学歴で、その学歴を活かして民間企業に就職した場合、都庁の平均年収とあまり変わらない、あるいはそれ以上の年収を得ることが可能です。

また、都庁の仕事は財政が豊かなため新たな施策提案に寛容であり、攻めの面白い仕事が出来るという特徴があります。しかし、その一方で、都庁の給料は役職により大きく異なるため、平均年収だけを見ても実際の生活状況は一概には言えません。例えば、40歳で1000万円に達している職員もいれば、600万円前後の職員もいます。

都庁を退職するかどうかを考える際には、年収だけでなく、働き方や生活環境、キャリアプランなども考慮に入れる必要があります。都庁の職員が年収と働き方のバランスを考え、自身の価値観に合った選択をすることが重要です。

都庁職員のリアルな年収についての総括

  1. 都庁職員の年収は平均710万円で、全国の労働者の平均年収440万円と比較すると高い
  2. 年収は役職により大きく異なり、1000万円を超える職員もいれば、600万円前後の職員も存在する
  3. 特別手当や役職による年収格差が、都庁職員の高年収を支えている
  4. 物価の高い地域ほど高くなる地域手当が高額で、東京の地域手当は全国平均の12,000円に対し、67,154円となる
  5. 都庁職員の年収については、一部の高給取りが平均を引き上げている可能性もある
  6. 都庁職員の初任給は22万円で、手取りは19万5千円であるが、東京の高物価と家賃の影響で、給料が多いからといって生活が豊かとは限らない
  7. 都庁職員の年収は、その人の職務の級と号級によって決まる
  8. 都庁職員の年収は毎年確実に昇給し、ボーナスも含め、年収が額面で約20万円上がる
  9. 部長クラスになると、年収は最低でも800万円以上となる
  10. 都庁職員の年収に対する一般の人々の評価は分かれている
  11. 都庁を退職するかどうかを考える際には、年収だけでなく、働き方や生活環境、キャリアプランなども考慮に入れる必要がある
  12. 都庁職員の年収は年齢とともに順調に上昇していくが、実際の年収は役職や業務内容、勤務成績などによって変動する

\ スカウト型の就活サイト /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次