警察官の年収をリアルに知りたい:初年度の年収とキャリアパスを探る

警察官
目次

警察官の年収をリアルに:本当はいくらもらっている?

この記事は、多くの人が気になる「警察官の年収」に関するリアルな情報を中心に、警察官としてのキャリアを築く過程を詳細に解説しています。公共の安全を守る重要な役割を担う警察官の職務は、24時間体制での勤務や緊急の事件対応が求められる一方、平均年収や手当、キャリアパスの多様性など、魅力的な面も多く存在します。本記事を通じて、警察官としての道のりや初年度の実際の収入、さらには長期的なキャリアの展望についてのリアルな情報を得ることができます。

  1. 警察官の平均年収と手当の割合
  2. 職務の24時間体制と休日の緊急対応
  3. 警察官のキャリアパスの多様性
  4. 年収の変動要因(学歴、勤務年数、階級)

警察官を目指す動機:なぜ警察官になりたいのか?

警察官という職業は、公共の秩序を維持し、市民の安全を守るという重要な役割を果たします。そのためには、真心から人々を助けたいという思いが求められます。警察官に向いているのは、人助けをすることによろこびを感じ、また公正さと正義感に溢れ、ときには困難や危険に立ち向かう覚悟がある人です。このような強い動機がなければ、警察官という職業には向いていません。また、警察官の職務は多岐にわたり、日々多くの一般市民と接するため、優れたコミュニケーション能力も必要とされます。

\ 無料体験お申込み受付中 /

警察官になるための具体的なステップ

警察官になるためには、「警察官採用試験」に合格することが一番の前提となります。しかし、警察官には様々な種類があり、それぞれで試験内容が異なります。具体的には、「警察庁」は国家公務員なので、まず国家公務員試験に合格しなければならないです。一方、「都道府県警察」は地方公務員となり、各都道府県が実施する警察官採用試験に合格することが必要です。「皇宮警察」の場合は国家公務員ではありますが、専門職試験として区分されている「皇宮護衛官」採用試験を突破する必要があります。つまり、自分がどのような警察官になりたいのか、それによってどの試験を受けるべきなのかをはっきりさせることが求められます。

警察官を目指すにはまず警察官採用試験に合格しなければなりません。試験には、国家公務員試験と都道府県が行う警察官採用試験の2種類があり、これらの試験の内容と対策が合格のカギを握っています。

警察官は国家公務員と地方公務員の2種類に分けられます。国家公務員は警察庁で働き、主に警察組織全体の政策立案や各機関との調整を行います。一方、地方公務員は都道府県警察で働き、交番勤務やパトロールなどを通じて地域住民の安全を保つ仕事をします。

地方公務員として警察官になるには各自治体が実施する警察官採用試験に合格する必要があります。試験に合格すれば「警察官採用候補者名簿」に名前が掲載され、試験翌年度の4月以降に新警察官として採用されます。

一方、国家公務員として警察官になるには、国家公務員試験(国家一般職試験または国家総合職試験)に合格し、さらに警察庁での面接を経て内定を受ける必要があります。国家公務員としての警察官の採用試験は非常に難易度が高いため、試験対策には十分な時間と努力が必要です。

警察官の採用試験について

警察官になるためには、一次試験と二次試験という2段階の採用試験に合格する必要があります。これらの試験は自治体により内容が異なるものの、一般的に筆記試験、身体検査、論作文検査、体力検査などが行われます。

一次試験では主に筆記試験(教養試験、論作文試験)、身体検査、資格経歴等の評定、適性検査が行われます。筆記試験では、文章理解、判断推理、数的処理などの一般的な知識が問われ、また論作文試験では特定の課題に対する文章作成能力が評価されます。身体検査では、各自治体が定めた身長、体重などの基準を満たしているかが確認され、資格経歴等の評定では、柔道や剣道の段位、スポーツ大会の出場歴、語学の資格などが評価されます。そして、適性検査によって警察官としての適性が評価されます。

一次試験に合格すると、二次試験へ進むことができます。二次試験では面接試験と体力試験が行われます。面接試験では警察官としての適性が確認され、体力試験では警察官に必要な基本的な身体能力が評価されます。体力試験は腕立て伏せ、バーピーテスト、上体起こし、反復横とびなど、自治体により内容が異なります。

例えば、大阪府警察と愛知県警察の体力試験の基準は以下の通りです:

  • 令和3年度大阪府警察の体力検査
    • バーピーテスト:男性は2分間、女性は1分20秒間で完全に実施する。
    • 上体起こし:男性は17回以上、女性は7回以上。
    • 腕立て伏せ:男性は10回以上、女性は7回以上。
    • 反復横とび:男性は20秒間に38回以上、女性は20秒間に32回以上。
    • 握力:男性は平均35kg以上、女性は平均20kg以上。
  • 令和3年度愛知県警察の体力検査
    • 20mシャトルラン:男性は32回以上、女性は14回以上。
    • 腕立て伏せ:男性は12回以上、女性は4回以上。
    • 握力:男性は左右平均32kg以上、女性は左右平均19kg以上。
    • 立ち幅とび:男性は180cm以上、女性は113cm以上。
    • 上体起こし:男性は30秒間で18回以上、女性は30秒間で12回以上。
    • 反復横とび:男性は20秒間で41回以上、女性は20秒間で36回以上。

これらの試験内容は例示的なものであり、受験する自治体により試験内容は異なるため、必ず各自治体の公式ウェブサイトで最新の情報を確認してください。

警察官の採用試験:準備と対策

警察官の採用試験に対する準備と対策は、選んだ勤め先によって異なります。国家公務員試験と「都道府県警察官採用試験」では試験内容が大きく異なるため、それぞれについて調査し、採用までの流れを理解することが重要です。都道府県警察では、資格加点制度が導入されており、一定の資格を持っていると試験の点数が加点されます。これを利用するためには、各都道府県がどのような資格を評価するのかを調べ、役立つ資格を取得しておくことが望ましいです。また、すべての警察官が必要とする資格として、普通自動車運転免許があります。学生時代に取得しておくと、就職活動において有利になるでしょう。

\ 無料体験お申込み受付中 /

警察官の年収をリアルに知りたい人の為のキャリアパス

警察官の初年度の年収は、その人の学歴や職種、地域などにより異なりますが、その詳細について深く理解するためには、警察官の初任給についての説明から始めなければなりません。それから、警察官の年収が変動する理由や要素を探求し、それが如何にして警察官の給与体系に影響を及ぼすのかを見ていくことが重要です。

警察官の初任給と経験年数別の平均年収

警察官の初任給は学歴によって変動します。令和2年地方公務員給与実態調査に基づくと、経験年数1年未満の警察官の平均月給は、大学卒業者が215,401円、短大卒業者が196,409円、高校卒業者が183,216円となっています。これらの数値は、あくまで平均的なものであり、具体的な金額は所属する警察署や地域、勤務内容などによって変わることがあります。

また、初任給は所属する都道府県によっても変化します。例えば、都市圏では初任給が高く設定されている傾向があります。具体的な数値を挙げると、大学卒の初任給は東京都が253,300円、大阪府が235,562円、愛知県が238,900円、福岡県が219,000円、北海道が203,800円となっています。同様に、高校卒の初任給は東京都が213,900円、大阪府が199,898円、愛知県が200,100円、福岡県が189,000円、北海道が173,400円となっています。

警察官の年収は経験年数によって増加します。令和2年度地方公務員給与実態調査を基に、経験年数別の平均年収を算出すると、1年~5年の経験を持つ警察官の平均年収は約510万円、5年~10年は約570万円、10年~15年は約640万円、15年~20年は約720万円、20年~25年は約780万円、25年~30年は約820万円、30年~35年は約840万円、35年以上の経験を持つ警察官の平均年収は約830万円となっています。これらの数値は、経験年数によらず月額133,924円(令和2年度地方公務員給与実態調査平均諸手当月額の値)として算出されたものです。

年収が変動する理由と要素

警察官の年収は様々な要素により変動します。それらの要素とは、学歴、継続勤務年数、階級、そして所属する組織などです。これらの要素により月給が変動するため、その結果として年収もまた変動します。特に、所属する組織や階級により、警察官の月給は大きく変わることがあります。

警察官の給与体系の特徴

警察官の給与体系は、地方公務員給与実態調査によると、平均年収が約703万円となります。この平均年収は、平均給与月額(45万8794円)×12カ月+賞与(152万8146円)により算出されます。賞与には期末手当と勤勉手当が含まれます。

警察官の給与には、基本的な給与に加えて各種手当があり、その平均的な割合は約30%となります。手当には生活給的手当、職務給手当、超過労働手当、その他の手当があり、特に警察官の場合、超過労働手当が多くなる傾向があります。これは警察官の職務が24時間体制であり、休日でも緊急の事件の対応に呼び出されることが多いためです。

以上のように、警察官の初年度の年収は多くの要素により影響を受け、その給与体系は非常に複雑であります。しかし、それらの要素を理解することで、警察官という職種の給与体系について深い理解を得ることが可能となります。

警察官のキャリアパスを探る

警察官としてのキャリアパスは多岐にわたります。警察官の仕事は、社会の安全と秩序を守る重要な役割を果たすため、その職務は一定のキャリアパスに従って進むよう設計されています。そのキャリアパスは、各都道府県警察の採用試験に合格し、巡査として警察官生活をスタートする場合と、将来の幹部候補生として警察庁に直接採用される場合とで異なります。さらに、自身のスキルや専門知識によって、特殊部隊や警察庁への道を選ぶことも可能です。そして、長年の警察官生活を終えて退職した後でも、その経験とスキルを活かしたキャリアチェンジも視野に入れられます。この記事では、警察官の昇進制度、特殊部隊や警察庁への道、そして退職後のキャリアチェンジについて詳しく見ていきましょう。

警察官の昇進制度

警察官のキャリアは、一般的に新人の「巡査」から始まります。しかし、その昇進経路は学歴や採用形態、能力により異なります。警察官が昇進するためには「昇任試験」をパスする必要があります。この試験は法学(憲法・刑法)、警察実務、社会常識などを問う筆記試験と、論文、面接、逮捕術などの実技試験で構成されています。しかし、「警視正」から「警視総監」までは定員制があり、昇任は試験ではなく選考形式となります。警部補から警部になるための昇任試験は難易度が高く、「警部」以上への昇任は狭き門とされています。

特殊部隊や警察庁への道

警察官のキャリアパスには、特殊部隊や警察庁への道もあります。特殊部隊は、犯罪対策や治安維持における重要な役割を果たす部署であり、特定のスキルや経験を持つ警察官が所属します。警察庁への道は、将来の幹部候補生として採用され、国家公務員としてのキャリアを進めるものです。警察庁の警察官は「警部補」からキャリアをスタートし、一定の期間後に「警部」に昇進します。

退職後のキャリアチェンジ

長年の警察官生活を終えた後でも、その経験とスキルを活かしたキャリアチェンジは十分可能です。警察官としての経験は、セキュリティ業界や教育分野、企業のリスク管理部門など、様々な分野で高く評価されます。また、公務員としての豊富な経験と知識は、コンサルティングや講演などの分野でも活用できます。退職後のキャリアパスは多岐にわたり、その選択は個々の興味やスキル、経験によるものです。

警察官の年収をリアルに知りたいについて総括

  1. 警察官は公共の秩序を維持し、市民の安全を守る重要な役割を果たす
  2. 警察官に向いているのは、人助けを喜びとし、公正さと正義感に満ちた人
  3. 警察官になるためには「警察官採用試験」に合格することが前提
  4. 警察庁は国家公務員、都道府県警察は地方公務員として採用
  5. 警察官の平均年収は約703万円、手当の平均的な割合は約30%
  6. 警察官の職務は24時間体制で、休日でも緊急の事件対応がある
  7. 警察官のキャリアパスは多岐にわたり、特殊部隊や警察庁への道も選択可能
  8. 警察官の昇進制度は学歴や採用形態、能力により異なる
  9. 警察官の初任給は学歴によって変動し、都市圏では初任給が高め
  10. 警察官の年収は経験年数によって増加し、経験年数によらず手当が加算される
  11. 警察官の年収は学歴、継続勤務年数、階級、所属組織などの要素で変動

\ 無料体験お申込み受付中 /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次