飛行機整備士の年収はいくら?給料とキャリアアップまで解説

整備士
目次

飛行機整備士の年収:現状と可能性

この記事では、飛行機整備士としてのキャリアを追求するための重要な情報を提供します。飛行機整備士の仕事は、その重要性と専門性から「きつい」と言われることがありますが、それらの厳しさを乗り越えた先には、飛行機の安全運航を支えるというやりがいと、専門的な技術を身につけることの充実感が待っています。また、飛行機整備士の年収は、資格取得と昇進により大きく変動します。特に、一等航空整備士の資格を取得することで、大型飛行機の整備や修理を行うことが可能となり、その結果、給料も大幅に上昇します。この記事を通じて、飛行機整備士としてのキャリアパスと年収についての理解を深めていただければ幸いです。

  1. 航空整備士の年収は資格と経験に大きく左右される
  2. 航空整備士の仕事は重大な責任を伴い、専門的な知識と技術が求められる
  3. 航空整備士の年収は勤務地や勤務する会社により異なる
  4. 海外で働く航空整備士の給与は一般的に高いが、英語力や異文化理解力が必要

航空整備士の平均年収とその内訳

航空整備士の平均年収は、経験年数や勤務地、資格の有無などにより大きく変動します。新人の航空整備士の年収は、大体300万円から400万円程度と言われています。しかし、経験を積み、特定の資格を取得することで、年収は600万円以上にも跳ね上がることがあります。

また、勤務地によっても年収は変動します。例えば、都市部の航空会社では、地方の航空会社よりも高い給与が支払われる傾向にあります。さらに、航空整備士の仕事は夜勤やシフト制が導入されていることが多く、深夜手当やシフト手当が上乗せされるため、比較的高年収であることが考えられます。

具体的な数字を見てみると、航空整備士の平均年収は509.8万円で、平均月収は33.6万円、平均ボーナスは105.5万円となっています。これらの数字は、厚生労働省の賃金構造基本統計調査や国税庁の民間給与実態統計調査に基づいています。

年代別の航空整備士の年収

航空整備士の年収は、年齢とともに上昇する傾向にあります。20代の初めての航空整備士の年収は、平均的に300万円から400万円程度です。しかし、経験を積むことで、30代では年収が532.0万円を超えることもあります。さらに、40代では年収が661.5万円を超えることもあります。これは、航空整備士としてのスキルや知識が増え、より高度な作業を任されるようになるからです。

また、航空整備士の年収は性別によっても差があります。男性航空整備士の平均年収は515.3万円とされています。一方、女性航空整備士の平均年収は355.7万円となっています。これは、航空整備士の職場が男性が多いため、女性の割合が他の職業と比べても低い傾向にあります。しかし、最近では女性を採用する会社も増えてきており、年々女性航空整備士の割合も増えてきています。

航空整備士の給料:大手とLCCの違い

航空整備士の給与は、大手航空会社とLCC(格安航空会社)とでは大きな違いがあります。大手航空会社では、経験年数や資格により、高い給与が支払われる傾向にあります。例えば、2010年時点でのJALの年収平均は44歳で810万円、ANAの場合は30歳で年収500万円から600万円ほどでした。これらの数字から見ても、大手航空会社の航空整備士の給与は決して低くはないことがわかります。

一方、LCCでは、コスト削減の一環として給与が抑えられていることが多いです。具体的には、国内のLCCで30代の一等航空整備士の年収は約650万円、20代で一等航空整備士資格未取得の場合は年収が300万円代後半となることが多いです。これらの数字からも、LCCの航空整備士の給与が大手航空会社と比べて低い傾向にあることがわかります。

しかし、これらの数字はあくまで一例であり、具体的な給与は勤務する会社や個々の経験、資格などにより異なります。また、給与だけでなく、福利厚生や勤務環境なども考慮する必要があります。そのため、航空整備士として働く際には、自分のキャリアパスやライフスタイルに合った会社を選ぶことが重要です。

航空整備士の年収:資格と経験がもたらす影響

航空整備士の年収は、資格と経験に大きく左右されます。特定の資格を持つことで、より高度な業務に携わることが可能となり、それに伴い給料も上昇します。具体的には、一等航空整備士などの資格を取得すると、その評価が反映され、年収が増加します。例えば、20代後半あたりから一等航空整備士などの資格を取得する人が出始め、その評価が反映されるため、年収にかなりのバラつきが出ることがあります。

飛行機整備士で年収1000万は可能なのかステップアップを解説

飛行機整備士になるには:必要な資格と経験

飛行機整備士になるためには、専門的な知識と技術が求められます。そのため、まずは国家資格である航空整備士の資格を取得することが必要となります。その資格取得のためには、国土交通大臣指定航空従事者養成施設に指定された専門学校での学習が一般的です。なお、全国にはこのような指定校はわずか3校しか存在していません。

資格は大きく分けて二等航空整備士と一等航空整備士があり、それぞれ中小型機の整備全般と大型機の整備全般を担当します。二等航空整備士の資格を取得するためには、国家試験の学科試験に合格し、その後3年の実務経験を経て実地試験に合格する必要があります。

しかし、資格取得だけではなく、実際の業務経験を積むことも重要です。経験を積むことで、より高度な業務に携わることが可能となり、それが給料にも反映されます。また、航空自衛隊などに入隊して、そこで航空整備士としてのキャリアを歩むという選択肢もあります。

なお、現在は航空会社のコストダウンの影響で、航空整備士の資格なしでは就職が難しい傾向にあります。そのため、飛行機整備士を目指す方は、就職前に資格を取得しておくことが強く推奨されます。

航空整備士の仕事:きついと言われる理由

航空整備士の仕事は、その重要性と専門性から「きつい」と言われることがあります。その理由は、以下の要素によるものです。

責任の重さ

航空整備士の主な仕事は、飛行機の安全性を確保するための整備作業です。そのため、その業務は人命に直結する重大な責任を伴います。飛行機の整備はミスが許されない仕事であるため、新人やベテラン関係なくプレッシャーを感じる場面は多いでしょう。

勉強時間の多さ

航空整備士は、航空機の機体・電子装備品、発動機、航空法規など、幅広い知識が求められます。そのため、定期的な勉強や資格取得のための学習が必要となり、その時間は決して少なくありません。

勤務時間と環境

航空整備士の勤務は、夜勤やシフト制が一般的であり、長時間労働が常態化していることもあります。また、飛行機の整備は屋外で行われることが多く、環境的にも厳しい面があります。

人間関係

航空整備士の仕事はチームで行うことが多く、人間関係の構築が求められます。しかし、それがストレスとなり、精神的に厳しい状況を生むこともあります。

以上のような理由から、航空整備士の仕事は「きつい」と言われることがあります。しかし、それらの厳しさを乗り越えた先には、飛行機の安全運航を支えるというやりがいと、専門的な技術を身につけることの充実感が待っています。

航空整備士で出世するには

航空整備士として出世するためには、専門的な知識と技術を身につけるだけでなく、自身の希少性を高めることが重要です。これは、航空整備士という職業が非常に専門的な知識を要求されるため、その専門性を高めることで、労働市場における自身の価値を向上させることができます。

資格の取得も出世における重要な要素であり、特に一等航空整備士の資格は、大型の飛行機を整備、修理するために必要で、4年以上の実務経験が必要となります。この資格を取得することで、給料アップに繋がる可能性があります。

また、出世するためには、委員会や品質系の取り組み、改善系の取り組みなどに積極的に参加すること、毎年の個人目標を必ず達成すること、そして何より上司に気に入られることが重要です。これらの取り組みを通じて、自身の価値を高め、出世の道を切り開くことが可能となります。

航空整備士の資格取得と昇進の影響

航空整備士の年収は、資格取得と昇進により大きく変動します。特に、一等航空整備士の資格を取得することで、大型飛行機の整備や修理を行うことが可能となり、その結果、給料も大幅に上昇します。この資格を取得するためには、少なくとも1,000~2,000時間の勉強が必要とされています。また、昇進により管理職となると、部下のミスに対する責任が増す一方で、給料も高くなります。ただし、管理職になる割合は、新入社員20人に対して1~2人程度とされています。これらの要素が、航空整備士の年収に大きな影響を与えています。

航空整備士で年収1000万は可能なのか

航空整備士で年収1000万円を目指すことは、確かに困難な挑戦ではありますが、それは決して不可能なことではありません。資格を取得し、経験を積むことで、年収1000万円を超える航空整備士も存在します。ただし、その達成には一定の条件があります。

年収1000万円を達成するためには、各社の課長以上の管理職になること、外資系エアラインへの転職、あるいは昔の給与体系のベテラン社員であることが一般的なパターンです。また、業績が良いときは1000万円プレーヤーが増えますが、ボーナスが少ないと1000万円プレーヤーが大幅に少なくなる傾向があります。

さらに、航空整備士の平均年収は525万円であるため、1000万円という年収はかなり高い目標となります。国内既存の会社よりも、新進気鋭のベンチャー航空や、格安LCC、海外航空会社、ヘリコプター等を扱うような会社のほうがチャンスがあるかもしれません。

また、企業に属していてはなかなか見えてこない数字のため、独立開業して、自分でビジネスを展開していくことも方法の一つとして考えられます。しかし、開業するにしても多額の費用がかかるため、資金をしっかりと調達できるようになってから考えるようにしましょう。

アメリカ航空整備士の給料:海外での可能性

アメリカにおける航空整備士の給与は、その市場規模と高い需要により、日本と比較して一般的に高いと言えます。アメリカ合衆国労働省労働統計局の職業別雇用・賃金統計によれば、アメリカの航空整備士の平均年収は約938.9万円となっています。これは、アメリカの給与所得者全体の平均年収である約722.9万円を大きく上回る数値です。この結果から、アメリカの航空整備士の給与は高いと言えます。

しかし、海外で働くためには、英語力や異文化理解力が必要となります。また、国や地域によっては、その国の航空法規や規制に適合するための追加的な資格や訓練が必要となる場合もあります。したがって、海外での働き方を考える際には、これらの要素を考慮に入れることが重要です。

飛行機整備士の年収について総括

  1. 航空整備士の平均年収は経験年数や勤務地、資格の有無などにより大きく変動
  2. 新人の航空整備士の年収は大体 300 万円から 400 万円程度
  3. 経験を積み、特定の資格を取得することで年収は 600 万円以上にも跳ね上がる可能性あり
  4. 都市部の航空会社では地方の航空会社よりも高い給与が支払われる傾向
  5. 航空整備士の平均年収は 509.8 万円、平均月収は33.6 万円、平均ボーナスは 105.5 万円
  6. 年代別では、20 代の初めての航空整備士の年収は平均的に 300 万円から 400 万円程度
  7. 30 代では年収が 532.0 万円を超えることもあり、40 代では年収が661.5 万円を超えることも
  8. 男性航空整備士の平均年収は 515.3 万円、一方、女性航空整備士の平均年収は 355.7 万円
  9. 大手航空会社では経験年数や資格により高い給与が支払われる傾向、一方、LCCではコスト削減の一環として給与が抑えられる
  10. 航空整備士の年収は資格と経験に大きく左右され、特定の資格を持つことでより高度な業務に携わることが可能
  11. 年収 1000 万円を達成するためには、各社の課長以上の管理職になること、外資系エアラインへの転職、あるいは昔の給与体系のベテラン社員であることが一般的
  12. アメリカにおける航空整備士の給与は市場規模と高い需要により、日本と比較して一般的に高い
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次